fc2ブログ



Prev  «  [ 2022/05 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

sasounami

Author:sasounami
サークル名「ひつじ座」としてコミティア(東京開催)に、
サークル名「三原順ファンPARTY」としてコミケに出展しています。
イベント参加情報、新刊のお知らせ、
その他ひとりごとなどを書いていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

「トキワ荘の青春」という映画を観て

先日「トキワ荘の青春」という映画を観ての私のツイートが、妙に広がってしまいました。

ツイートは、簡単にまとめると
 水野英子先生の『トキワ荘日記』を読んだら、殆どの先生のお母様方が来ていて家事一切をされていたと書かれてた。他の先生方は書いてない。映画にも母親はほとんど出て来ない(1人だけ)。出て来ないからいなかったとは思わないようにしたい 〜 
という内容でした。

その後「他の先生方は書いてない」は間違いであったとわかりました。
心よりお詫び申し上げます。
その部分は削除して書き直し、再ツイートしました。(4月12日「書き直しです。」で始まるツイート)

それでも誤読される方もいます。「先生方を貶めようとしている」とまで。
それは何故かと考えるに、昭和30年生まれの私との認識の差かもしれないと思いました。

トキワ荘に石ノ森先生のお姉様がおられたことや、赤塚先生のお母様が皆さんのお世話をされていたことは、私の年代なら小中学生の頃から存じてます。
ツイートに書かなくても周知のことと思っていました。
ただ私には赤塚先生のお母様と石森先生のお姉様のことだけが強い印象だったのです。
それが漫画や映像から生まれた、世間一般のトキワ荘イメージだったとは思います。
それで水野先生のエッセイを読んだ時「赤塚先生以外のお母様もいたのか」と驚いたわけです。
不明で申し訳ありません。

また、なぜか「私は水野先生が書いた本で知った」という単なる事実の記述に「ジェンダー論にするとは許せない」という方もおられたようです。(不勉強で「ジェンダー論」についてはよく知りません)
ツイートには書きませんでしたが、水野先生ならではの視点だと思いました。
私がそう思っていたことを見抜いて「許せない」と思われたということでしょうか?
例えばA先生だけが書かれた文章があって、それが私の印象に残ったとしたら…寺田先生だけが書かれた…森安先生だけが書かれた…等、どなたでも、そういうものを読んだら私は、その先生ならではの視点だなと思います。
そう思うことも同様に「許せない」ことでしょうか。

ともかく1番びっくりした誤読は「上げ膳据え膳で楽ちんだったのか」と受け止められたことです。

現場を想像したらそうは思われないでしょう…とは思いましたが、
世代が違うと、あの時代の漫画事情を想像するのは無理?なのかもしれませんね。

当時の漫画雑誌の無茶振りは、昔の編集さんから聞くに、もの凄いです。
当時の子どもとして思い出しても、あの頃は少ない漫画家がどの雑誌にも載っていたものです。
とんでもない依頼を引き受けて、アシスタント体制もまるで整っていない中で、よくぞこなされたことと思います。
1秒も惜しんで仕事されたことが想像できます。

そしてひとつ仕事を終えたら、今後の仕事のためにインプットも必要です。
全ての時間を漫画に関わることに使ったのではないでしょうか。
数々の名作を読ませてもらった当時の子どもとして、感謝にたえません。

サポートなしでは絶対に無理なことです。
性別関係なく、何の仕事でも、表も裏方もどちらも大事な仕事です。
サポートをされたご家族の皆様にも感謝いっぱいです。

映画側もその辺取材されていたと思いますが、取材したことすべてを映画にしないのは当たり前です。
描かれなかったことに文句を言うつもりは、微塵もありません。
私は誰のことも、映画のことも批判していません。
切ない、いい映画でした。特にラストシーンの見事なこと。

ただ映像から受けるイメージは強いものです。
創作物の映像作品を「これが全て」と思い込まず、描かれなかったものも色々あることを、忘れずにいたいと思ったのです。

長々と失礼いたしました。

スポンサーサイト



『薔薇のこととか』通販のお知らせ

薔薇のこととか

薔薇のこととか』通販開始します。
内容紹介:商業出版『すこし昔の恋のお話』にも書けなかったぶっちゃけ話とか、三原順原画展のこととか、たつき諒さんに最近会った話とか、そして薔薇のこととか…のエッセイまんがです。

執筆者:笹生那実

頒価:¥500 
A5判 本文24P
(『薔薇のこととか』のみ送料込値段 ¥500。下にご紹介の本も一緒にお申込の場合に限り全て送料無料にします)

通販お申込方法】
まずはメールをお願い致します。


sasounami★gmail.com(★を@に変更して、件名は「通販申込」としてください)

折り返し、送料込みの値段と共に、お振込先番号を、お知らせ致します。
以下の2つの中から、ご希望のお振込先をお知らせください。
・ゆうちょ銀行口座

・郵便振替(郵便局に置いてある払込取扱票の紙をご利用ください)


現在通販中の本】(以下の本だけをお申込の場合は送料別値段になりますので、送料込み値段をお尋ねください)

・『はみだしっ子 公演レポート3』¥300
(2020年の続々編舞台レポート。つぶあんさんとの共著)A5判 本文30P


(『はみだしっ子 公演レポート2』(発行から時間が経ったので ¥100)も僅かに在庫がありますので、ご希望の方はおっしゃってください)

『箱の中から…』¥300
(遺された漫画原稿が辿った数奇な旅を、グレアム、アンジー、サーニン、マックスが語ります) A5判 本文16P 完売

・
『風に逢った日 他、一編』¥500
(笹生那実18歳デビュー作、他投稿作、こぼれ話)A5判 本文48P 完売

『かおる物語 その3』¥200
(『昭和のまんが6』を改題して再販。前の本を読んでなくても、この本だけでお話は完結してます)A5判 本文16P
 完売

どうぞよろしくお願い致します。




『箱の中から…』通販のお知らせ

sasounami-20200609211135_1_p.jpg
sasounami-20200609211135_2_p.jpg
sasounami-20200609211135_3_p.jpg

内容紹介:
漫画原稿保存に関するレポート。三原順さんの原稿は危機一髪で救われた!?
「漫画原稿は作者が亡くなった後、どうなってしまうんだろう」
人知れず埋もれたままになってしまいそうだった三原順さんの原稿が、あやういところで救い出された奇跡。
修復・整理・保管された原稿の活用としての原画展や画集・グッズ制作。
遺された漫画原稿が辿った数奇な旅を、グレアム、アンジー、サーニン、マックスが語ります。
 完売しました。

【通販お申込方法】
まずはメールをお願い致します。
sasounami★gmail.com(★を@に変更して、件名は「通販申込」としてください)

折り返し、送料込みの値段と共に、お振込先番号を、お知らせ致します。
以下の2つの中から、ご希望のお振込先をお知らせください。
・ゆうちょ銀行口座
・郵便振替(郵便局に置いてある払込取扱票の紙をご利用ください)

なお、笹生那実の他の本も一緒にお申込いただけます。
メールにご希望本のタイトルをお書きください。
本代・送料の合計金額をお知らせ致します。

現在通販中の本:
『はみだしっ子 公演レポート2』¥100 在庫僅少
(2018年の続編舞台レポート。つぶあんさんとの共著)A5判 本文38P

『はみだしっ子 公演レポート3』¥300
(2020年の続々編舞台レポート。つぶあんさんとの共著)A5判 本文30P

どうぞよろしくお願い致します。

『風に逢った日 他、一編』通販中

『風に逢った日 他、一編』通販中です完売しました。
サイズ:A5 本文48ページ 頒価:500円
送料:180円。他の本をご一緒にご注文の場合はメールにてお尋ねください。

内容:表題の作品は私の高校3年時のデビュー作。
高校2年時の投稿作『弘美の聞いたもの』を同時収録。
他、当時のことを描いた短いエッセイ漫画もあります。

『薔薇はシュラバで生まれる』を出版したことをきっかけに
ご要望をいただいて作った本なので、
表紙を『薔薇シュラ』に合わせました(笑)

通販方法です

★現在通販可能な本については、最新のブログ記事をご覧ください。

★送料について
  A5判の本は基本的には送料180円の「スマートレター」を利用いたします。
 (『薔薇のこととか』のみ、送料込みの頒布価格です)
 ただし冊数が多い場合はレターパックになる場合もあります。詳しくはメールでお尋ね下さい。
 
★通販方法
◆ まずメールにて、ご希望の本のタイトルと冊数、そして
 ゆうちょ銀行口座か、郵便振替のどちらをご希望かお知らせ下さい。
 折り返し、送料込みの金額と共に、
 ・ゆうちょ口座間送金の場合の当方のゆうちょ口座番号、
 ・他行からゆうちょへ振り込む場合の口座番号、
 または
 ・郵便振替ご使用の場合の口座番号
 (郵便局に備え付けの「払込取扱票」を使用して窓口かATMお振込、あるいはネットバンキング)
 等をお知らせ致します。 
 メールアドレスは sasounami★gmail.com (メールをくださる時には★を@に変えてください)

よろしくお願い致します。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR